尾形乾山 没す

1743年の6月2日、

偉大なる陶芸家であり、画家の乾山が、

江戸の長屋で「孤独死」をした日だそうです。

なんでも・・

長屋の住人に発見されたが葬る金もなく、

生前に輪王寺宮に庇護されて、

窯場を開いたらしいということから・・

輪王寺で1両をもらって葬式を出したという云われが。

そして、乾山は

実兄の尾形光琳と並ぶ大芸術家でもありましたが・・

二人の性格は対象的で、

光琳が派手好みであったのに対し、

乾山は内省的だったとのこと。

享年80歳。

その当時にしては長生きであり、

ともかく、謎の多い人生だったようです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。