雷記念日

6月26日は「雷記念日」です。

ちょっと変わった名称ですが・・・

 

▼以下、抜粋。
930年(延長8年)に平安京の清涼殿に落雷があり、

大納言の藤原清貴が亡くなった。
この落雷は政治的な策略によって太宰府に左遷され、

そこで亡くなった菅原道真のたたりであると信じられていた。

ちなみに雷除けの呪文

「桑原、桑原」は、

都で落雷が続出した時、

道真の屋敷があった桑原の地にだけ落雷しなかったことから

唱えられるようになったといわれている。

▲抜粋、ここまで。

 

学問の神様として知られてます菅原道真ですが、

このような

「桑原、桑原」や「菅原道真のたたり」なる

云われがあるのはすごいですね。

ともかく、たたりのカミナリが落ちないよう、

日々、勉強・・・といきましょう。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。