夏越の祓に・・和菓子「水無月」を

6月30日は「夏越の祓」。

この半年間のけがれを祓い、

夏以降の疫病除けを祈願する行事でもあります。

 

この日、京都では・・

三角形の白い外郎(ういろう)に、

甘い小豆がのっている和菓子 「水無月」を食べる風習があります。

 

白い三角形は暑気を払う氷を象徴し、

小豆は疫病祓いの意味合いを持っています。

 

ともかく、後半戦に向けて、

鋭気を養いましょう。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。