自然薯で滋養強壮!

11月16日は「自然薯の日」です。

食事処『麦とろ童子』を営む清水元春氏が制定。

冬が来るのに備えて、
体に良い自然薯を食べて
体力をつけてもらいたいとの願いから、とのこと。

日付は『い(1)い(1)い(1)も(6)』の語呂合わせと、
加えて、自然薯の最盛期であることから♪

天然の自然薯は粘りが強く美味しいのですが・・
栽培がやや難しいので、希少価値があります。

消化吸収の良さもありますが、
滋養強壮の意味合いが強いですね。

とりあえず、お蕎麦でいただきましょう。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。