傘の日

6月11日は「傘の日」です。

この日が暦の上で

「梅雨入り」を意味する雑節の一つ

「入梅」

になることが多いことから・・とのこと。


この季節の必需品である

傘の販売促進と傘の使い方など

モラルの向上が目的だそうです。

聞くところによると・・

明治時代、洋傘の輸入本数は多くなり、

文明開化の波とともに

洋傘は一気に市民の手に普及したそうです。

なるほど。

それまでは和傘が主流だったわけですね。。


私の子供の頃の傘といえば・・

逆風で骨が曲がっていた傘も使ったりしていました。(汗^^)

最近はコンビニで格安な傘も売られていますので、

そんな大切に扱うことも

少なくなったようですが、

入梅の機会に傘と雨具の点検も行ないましょう。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。